<< ライブ動画をUPしました☆ | HOME | 明日からレコーディング開始! >>
国民の97%が幸せと感じている国
ブータン王国に感動してしまった。。。
NHKそのままですがw

ブータンの村の人に「幸せですか?」
と聞くと、みんなが口をそろえて、「幸せです、だって食べ物や水もあるし、家族や友人がそばに居るから」と言うのです。
みんなとっても優しい顔をしています。

寒い朝、大量の朝ご飯を温めていて、何に使うのかとおもったら、
飼っている牛にあたえてあげている。
「寒い日に、冷たいご飯じゃかわいそうでしょ。」
と。。。
ともに生きる動物や自然との繋がり方のすばらしさにびっくり。

ブータンには「ストレス」と言う言葉がないそうです。

村の人たちはコミュニケーションを大切にして、そこで生まれる繋がりによって幸せを感じ、人をうらやんだりもしないというのです。


ブータン前国王から始まった、
国民総生産(GNP)で豊かさをはかるよりも
国民総幸福(GNH)を大切にする。
という考え。

便利さを追求すると「もっともっと」と終わりの無い事になってしまう。十分だった暮らしを不満に思ってしまうという悪循環をそこで生み出してしまう事を、どの国よりも先に気づいていたのでしょう。
ブータンの王様が世界の考え方を遠ざけても貫いた、その考え方はすばらい。

ブータンについてもっと知りたい方はこちらをどうぞ。


で、それでなにが言いたかったかというと。。

私にとって、何が幸せなのかということ。

紅茶や歌のお仕事ができて、自分の好きなことをして暮らす事はとっても幸せ。

でも、その仕事につけただけで幸せなわけじゃない。

どんな時に幸せを感じるのか、

紅茶のお仕事であれば、

「紅茶美味しかったよ」っとか、「ギフトにあげたら喜ばれました」とか、お客さんに言ってもらえる瞬間。

人が、自分のした行動によって幸せを感じてくれていると思うから幸せ。

紅茶について話したり、紅茶を通じて広がるコミュニティー、人とのつながりがあってこそ幸せを感じるのだ。

音楽についてもそうだけど、ただ作って歌って終わりだけでは幸せはえられないのだ。
「いいステージだった」とか「あの曲が好きだ」とか言ってもらえることがなんでこんなに嬉しいのかというと、
人が、自分のした行動によって幸せを感じてくれていると思うから幸せなのだ。
音楽をきっかけにして色んな人と話ができたり、メンバーと曲について話したり、次のステージについて考えたり、そういうコミュニケーションの中にも幸せがあるんだろうな。

よく、
話さなくてもわかる仲。
っていうのあるけど。

そういうなかにも、行動やそぶりなんかでコミュニケーションがあってこそ成り立つものだとおもうんだよね。

何も言わずに落ち込んでる相手に、そっとあったかいハーブティーをいれてあげるとかさ。

自分がしあわせになる為には、まず人を幸せにする事。』

これをみんながすれば、ブータン以上の国にこの国はなると思うのだよ。
| 日記 | comments(0) | trackbacks(0)


COMMENT


POST A COMMENT









この記事のトラックバックURL
http://marino-times.jugem.jp/trackback/1390347
TRACKBACK



marino-times

★marinoのブログ★

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECOMMEND
twitter
ブログランキング
人気ブログランキングへ
LINKS
OTHER


MOBILE
qrcode